石田三成の佐和山城A4サイズ 20191009~1011

20191011

地球史上最大級の台風レベル6クラスの台風19号ハギビス

中心気圧935hpa 最大瞬間風速65m/s 暴風域直径650km

20191012夕方から夜にかけて東海から関東上陸予想の

嵐の前日に、石田三成の佐和山城A4サイズの完成。‬

 

20191011

佐和山城をサクッと修正完了。本丸の天守台のあった場所の地面の塗装と石垣の修正。更に黒板張りの五層天守(屋根はまだ)  実はさっき気になったのが本丸に御殿を作るスペースが無いのが気になり、色々と復元画像を見てて修正をすることにしたのです。この広さが確保出来れば御殿が綺麗に並びます。‬

20191011

■佐和山城の天守と縄張りを考える3‬

また天守であるが白壁で作るか?黒板張りにするか?と五層天守にするか?なんですが、まぁ五層天守として組立たので五層天守にするが、やっぱり黒板張りの方が豊臣政権の城らしいので黒板張りにしてしまおうと思う。‬

20191011

■佐和山城の天守の向きと縄張りを考える2‬

‪赤色と黄色ラインを法華丸と大手門から同じように書くと天守の位置と向きが変わる。 それが駄目とか言っているのでは無く、山頂部は石垣もろともゴッソリ彦根城に持って行かれてるので分からないが正解だと思う。イメージ的にどれを作りたいかだけなんです。‬

 

佐和山城の天守の向きと縄張りを考える1‬

大手門から本丸へは黄色。法加丸方面から本丸を赤色のラインを引いてみました。本丸の縄張りはこんな感じになる。‬

20191009

石田三成の佐和山城A4サイズ‬

‪縄張り製作中‬

20191009

石田三成の佐和山城天守の組立て終了。‬

‪五層天守ですが天守を少し細身で作ってます。‬

‪#石田三成 #佐和山城 #関ヶ原の戦い ‬

水口岡山城B4サイズ  20191005~1014

20191014

水口岡山城完成しました。川の水面が乾けば納品出来ます♪川沿いに東海道もあります。

20191014

まだ完成はしてませんが、水口岡山城B4サイズ。‬

20191013

甲賀にある水口岡山城‬

‪製作途中ですが‬

20191008

水口岡山城の縄張りが完成しました。

20191008

水口岡山城の縄張り製作中

20191007

水口岡山城三層天守(塗装前)

20191005

今朝から、足助城と小谷城の資料を集めて、ツイートやブックで作るぞーと言って、作り出したのが水口岡山城(笑)‬

‪水口岡山城も足助城、小谷城と一緒に作る予定でしたが、余り資料が無かったので載せなかったのですが、見つけた瞬間に作り始めてました。   まぁこんな感じで気分で作ってます(笑)。‬

小谷城B4サイズ 20191005~1022

20191022

やっと小谷城の土台の乾燥が終わりました。これは一度乾燥させてヒビ割れを起こさせて、それを修復しての再度の乾燥をさせました。山を木々で覆ってしまうのならば其処まで乾燥させ無いのですが、この山肌だけで木々は付けません。その為山肌勝負になるのでしっかりと乾燥させました。山肌だけの城です。

今は木々で覆われて居るかと思いますが、木々が沢山あると城攻めは攻める方が身を隠せる所が多いので、守城側は不利になります。その為坊主山の方が攻め上がるには隠れる場所が無いので守城側から攻撃しやすくなるので、無い方がより堅固に見えます。CGや復元画などを見ても香川先生のは殆ど木々が無く、ディアゴのも無かった。戦国王のは木々で覆われて居るが、やはり迫力が無く感じたので、山肌だけの城にしたのです。  模型としては石膏粘土だけなので、ヒビか入るとそれを木々で隠す事も出来ないため、もう自然乾燥で一度ヒビ割れをさせて、それを修復するしかなく、時間は掛かりましたが良い感じに乾燥出来ました。

20191009

小谷城の縄張りの成形が出来ました。‬

 

20191006

小谷城の縄張りが出来ました。

流石にB4サイズなんで小丸迄は入りましたが、山王丸迄は入らなかった。まぁ、本丸、京極丸、小丸、黒金門、馬冷池、金吾丸、竪掘が出来たから、小谷の主要は入ったので上手くまとまったと思います。

20191005

小谷城を作りますが、学研の香川先生の、ディアゴの、戦国王の、学研の西ケ谷先生のなんかで微妙に違う(笑)

さてとどれをベースにするかなぁ?と言っても多分、オリジナルになるかとは思う。B4サイズで忠実には無理であって、それよりも小谷城の雰囲気が優先なんで、イメージ小谷城になる(笑)

長浜城B4サイズ  20191003~1005

20191005

長浜城の復元画も研究されてる先生によって形が全然違います。今回は長浜市の歴史資料館の中井先生の復元画を参考にして作りましたが、西ケ谷先生の復元画だと全く違ってました。まぁコッチも面白いので、今後注文があれば、どちらにしますか?と聞いてみよう♪浪漫ありますよね♪

20191004

長浜城が完成しました。サイズはB4。

テーマは全方位正面をテーマにしました。どの方向から見ても良いように、イベントなどで展示する時もその時の気分で向きを変えても正面みたいに見える。

本当は大人目線で見下ろすよりも、子供目線の低い角度から見て貰うと、こんな感じに見えます。城は子供目線で

20191003

長浜城の続きとなります。

建物の配置はこんな感じになります。

長浜城B4製作 20190914~0919

20190919

長浜城のイメージ撮影。ジオラマは絵画と違って、表裏があるような無いようなもので、飾られら方のイメージで好きな飾り方をされるので360度どの角度から見ても良いようにバランスを考えて作ってます。角度によって違う雰囲気が出るのも面白い。とりあえず下塗り迄終わったので、乾いたら水張りです。

 

20190918

長浜城B4サイズの製作開始

今回は中井先生の復元図を参考に作る予定です。

20190914

長浜城の縄張りを調べると、結構違うんです。でも一概に違うとも言えないのは、その復元図の年代の違いもあり、膳所城などは地震後に本丸と二の丸を合体させて本丸になって居たりするので、この復元図も時代が違う可能性もあり、作れる方の好みかなぁ。でも長浜歴史博物館の想像図に合わせた方が無難か

坂本城A2サイズ製作開始 20190810~0817 

20190817

坂本城A2  600×450サイズの製作の続きです。

20190812

これも作ります。明智光秀の坂本城A2サイズ。    もうこの時点でさっき安土城を完成させた事も忘れそう(笑)

 

20190810

#明智光秀 、#細川忠興 、#石川数正 もビックリ!?  松本城+小倉城+小倉城=坂本城天守。

#坂本城 を作ります。びわ湖のほとりの坂本にあった明智光秀のお城です。

彦根城の方はこんな感じです。

午前中に松山城が完成したので、午後から取り掛かっている彦根城。石垣まで完成済み。
彦根城の方はこんな感じです。下塗りは終わってます。塗装をすると乾かす時間が必要になるので、その時間を利用して次の城をドンドン準備しています。1月中には福岡城と津山城もやらないとならないので明日から始めようかなぁ(笑)